初めてのベースを買った話

どうも、Janckです。

 

この前のブログで私Janck、「ベースを弾けるようになりたい」と言っていたわけなのですが、そこんところどうなっとんじゃいと気になっている人も多いのではないでしょうか。(そんな奴いねーよ!だれがこんなブログ読むんだよ!もっと売れてからそういうこと言えや!!)

 

最近ずっとプログラミングの事について書いていてJanckさん全然ベースの事書いてくれないなー、悲しい...と思っている方もいると思います。(いないよ、そんな奴いないよ)なので今回はそこんところどうなったの?について書いていこうと思います。

 

 

で、ベースは?

f:id:JANCK87776278:20210115042806p:plain

 

あのー、買いました。はい。

 

いやーさすが報告をぬるっと発表ランキング世界16位の男でしょ?皆さんが息つく間もなくぬるっと報告させてもらいました、ありがとうございます(笑)

 

ということで私、ベース買いました!!!!!

 

っしゃ!!!しぇいい!!!うぇい!!!

 

きもい喜び方はこれぐらいにして、みなさん驚いたでしょ?いやー、その初めてごま油食べたみたいな顔しながらびっくりするのやめて(笑)

 

ちょっと、みんなびっくりしすぎやて(笑)えー、そんなびっくりする?(笑)

 

え?タイトルで分かってた?

「言えや!!!!!!!!!!」

 

ちょっと、そういうこと言って―。めっちゃ恥ずいやん!!あと、さっきからなんでギャルみたいな言葉使いになってんの?(笑)

 

19歳の男が使う言葉じゃないぞ(笑)

 

と、まぁ結局何が言いたいかというとJanckベース買ったってよ、ということですね。

 

なんのベース買ったの?

f:id:JANCK87776278:20210115043205j:plain

 

なんかそれ聞いちゃうかみたいな感じではあるんですけどここで言わなかったらただの嫌な奴になるので言いますね。僕も、いやな奴って思われるのはあんまり気が乗らないので言いますね。

 

でも言ったとしてもどうせ「初心者のくせに調子こいてんじゃねーよ」みたいなこと言われるんだろーな。そんなんだったら言わない方がいいんじゃ...

 

いや、でもなー(早く言えよ!!)

 

それでは発表します。

 

Janckの初めてのベースに選ばれたのはーーーーー

 

エントリーナンバー29番、斎藤智子さんです!!おめでとーございます!!

 

うん、違うよね(笑)分かってる(笑)

 

それでは改めまして。Janckの初めてのベースに選ばれたのはーーーーーーー

 

Bucchus BJB-1R」です!!!!!

 

 いやー、あのBucchusですよ。かの有名なBucchusですよ。といってもエントリーモデルなんですけどね(笑)

 

ちなみにBJB-1Rはこんな感じです。

 

f:id:JANCK87776278:20210115041111j:plain

f:id:JANCK87776278:20210115041142j:plain

f:id:JANCK87776278:20210115041212j:plain

f:id:JANCK87776278:20210115041833j:plain

 

 いやー我が子ながらかっこいいですねー(笑)この赤の感じとかたまらなくいいですわ。

 

買うまでの経緯

 

ではここからはBucchusのBJB-1Rにした経緯について書いていきます。

 

ベース選び

 

まず僕はベースを買うにあたり「初心者に最適なベース」はなんなのかと調べまくっていました。あ、いちを僕が参考にした動画を載せときます。

 

参考にした動画

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 

はい、こんな感じで初心者におすすめのベースを検索しまくっていたわけなんです。そうして調べまくった結果「Bucchus YJM-500」というベースがいいなと思ったんですよ。

 

ですがいくら探せどその機種がどのサイトにも売ってないんです!!それでも僕は怖いなー怖いなーと思いながら必死に探していました。でも全然見つからない!

 

実はこの「Bucchus YJM-500」というベース、山野楽器ロックイン新宿店さんのオリジナルらしいんです。なのでどこのサイトにも売っていないということなんです。

 

ということなので「Bucchus YJM-500」はあきらめました(笑)さすがに東京まで行って買うわけにはいかないので(笑)

 

そんなわけで次に目を付けたのが「Bucchus BJB-2R」です。もうこの時点でBucchusを買う世界線が見えてますよね(笑)

 

BJB-2Rは約2万円で買えるという上に音もなかなかいいらしいということだったので目を付けました。まぁ、音が良いといわれても初心者なのでそこんところは良く分からなかったんですけどね(笑)

 

「経験者の人がいい音と言っているんだからいい音なんだ」みたいな感じでした(笑)でもここでまた新たな問題が発生します。

 

買うなら店かネットか問題

f:id:JANCK87776278:20210115044133p:plain

 

「買う機種は決まったもののそもそも楽器ってネットで買っていいの?」という問題です。僕は欲しいものは全てネット内で済ませてしまうのでいつもの癖でベースもネットで買おうとしていました。

 

しかし調べてみるとどうやら楽器は基本、楽器屋に行って買うらしいです。よく考えればそうですよね(笑)

 

楽器は一台一台高いですし、ネットで買ってみて「あれ、音変じゃない?」と思うもんなら最悪ですもんね(笑)

 

なので楽器初心者の皆さん!楽器は楽器屋に行って買いましょう!!

 

楽器屋に行けば店員さんに分からないことは質問できますし、楽器の音も直に聞くことができるので安心安全です。なので、楽器屋に行きましょう。

 

大事なので2回言いました(笑)

 

そうして楽器は楽器屋で買うものだと学習したJanckは楽器屋に行きました。

 

初めての楽器屋

f:id:JANCK87776278:20210115044610j:plain

 

楽器屋についたやいなや、そもそもどこにベースがあるかわからない問題にぶち当たりました。ベースだと思ったらギターだったり途中でワンオクの楽譜を見つけては立ち読みしてしまったりと、店内をしばらくウロウロしていました。

 

そのとき「どうされましたか?」と後ろから声がしたんです。僕はおそるおそる後ろを振り返りました。そこに立っていたのはなんと店員さんだったんです。

 

キャーーーーーーー!!!!

 

じゃねーよ(笑)

 

ということでやさしい店員さんにBJB2-Rを探していると伝えると「いま探してきますね」と言って探しに行ってくれました。

 

待つこと数分

 

店員さんが戻ってきました。「すいません。今、店にあるBucchusはBJB-1Rしかないんです」

 

どうやら僕が想像していた以上にBucchusは人気らしく、今あるBJB-1Rもラスト1台らしいんです。そこで僕は悩みました。

 

ここで妥協してBJB-1Rを買って安定の道を行くか、BJB-2Rを探しに別の店に行って賭けの道を行くかの2つで悩んでいました。そこで店員さんに「BJB-2Rと1Rて結構かわるもんですか?」と聞いてみました。

 

店員さんの答えは 「そんな変わりません」

 

買いました(笑)

 

値段も2万円いかないくらいで予算内に収まっていましたし、なにより店員さんに「この音は6万の音だよ」と言われ、うまいこと口車に乗せられました(笑)

 

ついでに初心者セットというアンプなどの音を出すのに必要な機材が一通りそろっているものも買い今回の買い物は無事、幕を下ろしました。

 

まとめ

 

ということで今回はベースを買った話を書きました。初めてっていうのは緊張しますな(笑)だからこそ大切なのでしょう。

 

実際いろいろなことも学べましたしね(笑)楽器は楽器屋で買うとかね(笑)

 

またBJB-1Rを使っての感想なども書いていこうと思います。この記事が少しでもベースや楽器を始めたい方の参考になると嬉しいです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

HTMLで絶対に書かなければいけないコード (メチャクチャ簡単に解説)

はじめに

最近、筋トレ終わりに飲む楽しみのプロテインを盛大にこぼしたJanckです。

 

あのー、SAVASのシェイカーって安くて洗いやすいけどちょっと力加減間違えると唇の横通り過ぎてこぼれるよね(笑)だからといって他のシェイカーに変えるような資金は無いんですけどね(笑)

 

飲めりゃ良いから!!シェイカーってそういうもんだから!!と自分に言い聞かせているJanckです。

 

 

さて、今回はHTMLで絶対に書かなければいけないコードについて書いていこうと思います。それではー、れっつらゴー (だせーな!)

 

 

HTMLで絶対に書かなければいけないコード

HTMLには絶対に書く骨組みのようなコードがあります。それがこちらです!

 

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8">
    <title>Janckのサイト</title>
    <meta name="description" content="Janckのサイトです。">
  </head>

  <body>
  </body>
</html>
 
基本的にはこれらのコードを全てのHTMLファイルに書きます。それでは1つずつ見ていきましょう。
 

<!doctype html>

 

 <!doctype html> (ドックタイプ宣言)はブラウザに「私は今からHTML5を使います」と伝えてくれるコードです。ちなみに「doctype」と「html」の間には半角スペースが入ります。

 

実はHTMLには種類があり、その種類ごとにルールが違ったりします。なので自分が使うHTMLの種類を宣言しないと後でブラウザで見た時に表示がグチャグチャになっている可能性もあります。

 

そんなことにならないようにしっかりと<!doctype html>を書いてHTML5を使うことをブラウザに教えてあげましょう

 

<html lang="ja">~</html>

 

 <html>~</html>はラウザに「この中に書かれたものがHTMLです」と伝えるコードです。

 

そしてlang="ja"とはブラウザに「今から書く言語は日本語です」と伝えてくれるコードです。langとはlanguageの略で言語を意味します。jaはjapaneseの略で日本語を意味します。

 

「あれ?<html>じゃなくて<html lang="ja">じゃないの?」と思った方もいるのではないでしょうか。実は<html lang="ja">は<html>にlang="ja"を入れ込んだものなんです。

 

ちなみに「html」と「lang」の間には半角スペースが入ります。

 

<head>~</head>

 

<head>~</head>はブラウザに「この中に書かれたものがこのページの基本的な情報です」と伝えるコードです。

 

 この中に書かれたものは基本的にはサイトに表示されません。ですが、サイトを制作する上では重要な情報を入れるので忘れずに書きましょう。

 

人間の頭の中も目には見えませんもんね。

 

<meta charset=”UTF-8">

 

<meta charset="UTF-8">は文字化けを防ぐために必要なコードです。

 

文字化けとは、例えばブラウザ上に「こんにちは」と表示させたいのに「縺薙s縺ォ縺。縺ッ」と意味の分からない文字になってしまうことをいいます。

 

なぜこのコードを書くと文字化けがなくなるかという理由については少し長くなるので別の記事で書こうと思います。今回は<meta charset="UTF-8">を書くと文字化けがなくなるんだと思ってください。

 

<title>~</title>

 

 <title>~</title>の中にはページのタイトルを入れます

 

ここに入れたタイトルはこの場所に表示されます。

 

f:id:JANCK87776278:20210109183524p:plain

 <meta name="description" content=" ">

 

 content=" "の「" "」の中にはこのページの説明文を入れます。入れた説明文は下の画像の場所に表示されます。

 

f:id:JANCK87776278:20210109202657p:plain

といってもこのコードを入れなくてもブラウザでの表示に問題は無いんですけどね(笑)SEO対策やサイトへのクリック数を上げたいのであればここはしっかり考えて書きましょう。

 

ちなみに「meta」と「name」の間には半角スペースが入ります。

 

<body>~</body>

 

<body>~</body>はブラウザに「ここに書いたものを表示してください」と伝えるコードです。

 

ここに書いたものが実際に表示されていきます。

 

まとめ

 

 今回はHTMLで絶対に書かなければならないコードについて書いてきました。できるだけシンプルにわかりやすく書こうと努力したのですがどうでしたでしょうか?

 

まぁ、いろいろ解説してきましたが極端な話コピペして、タイトルやページの説明だけ変えていくという形でもいいと思います。そしてHTMLの本文を<body>~</body>の中に書いていくと。

 

このことだけでも覚えて帰っていただければ幸いです(笑)

 

最後まで見ていただいてありがとうございました。

上下左右の余白をなくす方法 (サイト制作)

 

はじめに

 

こんにちは、Janckです。

 

ちょっと聞いてくださいよ!!

 

最近、プログラミングの勉強もかねてサイト制作をしているんですけど、最近になってハチャメチャな壁にぶつかったんですよ!!!!!

 

「純白の悪魔」  著者/Janck

あれは雪が肌に強く吹き付ける荒れた日のこと

 

僕はようやくHTMLでの作業を終わらせ、サイト制作をCSSの作業に移しはじめていた。

 

「よし、CSSもがんばるぞーーーー。野郎ども血反吐をはいてでも歩を進めろ!!」

 

そう、ご覧の通り僕はギリギリだ。まるで学校で大の方をしたくないためずっと我慢し続け、あともう少しで家につくのに家が見えた瞬間今までにない便意が襲い掛かっている62歳無職の小学生、石田哲郎のように。

 

そんなギリギリのメンタルで僕は初めてのCSSに挑んだ。

 

Youtubeを凝視しすぎてスマホを透過できるようになったり、参考書を見すぎて右腕が列海王の腕を移植した愚地克巳のようになったりと確実に僕は成長していた。

 

だが、そいつは突然現れた。

 

「どうしてだよ!!なんで上下左右に空白ができるんだよ!!」

 

そう、奴が現れたのだ。純白の悪魔が。

 

僕は必死に抵抗した

 

「なんちゅうことするんだ貴様!!(カスミン) 消えろ消えろ消えろーー!!!(シンジ)」

 

こんなにキャラが渋滞するぐらい抵抗した。

 

さて、この戦いには思いもよらないラストが待ちかまえているのだが、それはまた別のお話で (つづく)

 

と、こんな感じの壁にぶつかりました(笑)

 

ということで今回はサイト制作をしているときに上下左右に余白が出てきた時の対処法を書いていこうと思います。

f:id:JANCK87776278:20210108204102p:plain

 

 余白の消し方

 

結論から言います。

 

* {
         margin: 0px;
         padding: 0px;
}

 

これをCSSに書くだけです。ちなみに「*」は半角英数字の「*」です。

 試しにやってみましょう。

 

f:id:JANCK87776278:20210108213649p:plain

 

このように先ほどのコードをCSSに書き込みます。すると...

 

f:id:JANCK87776278:20210108214537j:plain

 

なんということでしょう、あんなに目障りだった余白が綺麗に取り除かれているではありませんか。と、こんな感じで余白を取り除くことができます。

 

余白の原因

 

ではなぜ余白ができてしまったのか。

 

どうやら、Google Chrome 等のブラウザにはデフォルトのスタイルがあり、それが勝手に適用されていたみたいです。

 

余白を消せた理由

 

それは先ほど登場したこのコードに秘密があります。

* {
         margin: 0px;
         padding: 0px;
}

 

「*」 はすべての要素に適用させるという特殊スキルを持っています。

 

要素というのはHTML内にある

要素 <タグ名>内容</タグ名>

 のことです。

 

そして、「margin: 0px;」 と 「padding: 0px;」 は簡単に言うとこれを適用された要素は自分の持っている範囲いっぱいまで画像などを表示できるという能力を持っています。

 

図にするとこんな感じ

 

赤斜線・・・元々の要素の範囲 / 青斜線・・・ブラウザのデフォルトの範囲

・・・画像などが写っている範囲

f:id:JANCK87776278:20210108232617j:plain

 

まずコードを入れていない場合はこうなっています。ブラウザのデフォルトのせいで要素の範囲が制限されています。

 

ではコードを入れてその制限をぶち壊すと

 

f:id:JANCK87776278:20210108234058j:plain

 

要素の範囲が元々の範囲に戻るので余白が消えるということです。

 

まとめ

 

今回は上下左右に余白が出た時の対処法について書いてみました。図などで説明したのは初めてだったのですがどうだったでしょうか。

 

まぁ最悪、余白が消えた原因は分からなくていいので「このコードをCSSにぶち込めばいいんだ」と思ってくれたら嬉しいです。(笑)

 

ちなみに僕はこの余白を消すまでに2時間悩みました(笑)

 

少しでも皆さんの役に立てたのであれば2時間苦しんだ意味があったなと思います。(笑)

 

最後まで見ていただきありごとうございました。

ベースとは (世界一簡単に解説)

 

はじめに

こんにちは、Janckです。

最近無性に楽器を弾けるようになりたくなったJanckです。

 

え?なぜ弾きたくなったかて?

 

「弾けたらかっこいいからだよ!!」

f:id:JANCK87776278:20210104211403j:plain

 

いやー、あるあるな理由ですねー(笑)

 もう、絵にかいたようなあるあるだ(笑)

 

ということで最近楽器を弾きたい欲が異常にあるのですが、では、何の楽器を弾くのか。この問題が次に出てきます。

 

おいおいちょっと待てよと

 

そんなこといちいち聞くなよ(笑)

 

 そんなん決まってんだろバカヤロウ!

 

ベース」だよ!!!

 

やるならベースでしょ

 

え?ベースの良さがわからない?なにいってんの?ぶっとばすよ?(笑)

 

あの渋さがたまらなくかっこいいのよ

 

答えになってませんね(笑)

 

実は僕もベースについて無知の無知なので今回はベースについて書いていこうと思います。

 

f:id:JANCK87776278:20210104213328j:plain

 

ベースの歴史

 ここではベースの歴史を紹介します。

 

やはり何事も歴史を知らないと始まりませんよね(笑)

 

といっても音楽に関しては素人も素人ですし、ベースに関してはもっと素人です。そんな奴がベースの歴史を紹介するのは無謀です(笑)

 

例えるなら今から何も調べずに「なぜ鉛筆などの濃さはHB,2Bなどで表すか」という問いについて答えるぐらい無謀なことをしようとしています。ということでめちゃくちゃ簡単に紹介していこうと思います。

 

ヴィオローネ(Violone)

16~18世紀頃にヨーロッパで使われていたヴィオローネという楽器がベースの起源といわれています。

 

すいません、いい画像が見つからなかったので載せれませんでした。まぁ、ほぼ次にでてくるコントラバスです。

 

てか、素人目にはどっちがどっちか分かりません(笑)

 

コントラバス(Contrabass)

19世紀でヴィオローネが進化コントラバスが誕生しました。

 

コントラバスは皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

そう!デッカイやつです(笑)

 

ちなみにコントラバスウッドベースとも呼ばれるらしいです。

 

f:id:JANCK87776278:20210104230303j:plain

 

エレキベース

1951年には世界初のエレキベースフェンダー・プレシジョンベース」が出ました。

 

ちなみに1960年代では大半の楽曲にエレキベースが使われていました。

 

f:id:JANCK87776278:20210104231451j:plain

 

 この後にも「多弦ベース」という名前の通り弦の数が多い物や、「エレクトリックアップライトベース」等、エレキベースの進化系のようなものがでてきます。

 

ですが、正直その楽器についての説明を見ても私には分っかりませんでした(笑)気になる人は個人的に調べてください(笑)

 

ということで、ベースの歴史はこんな感じにしといて次はベースの音楽の中での役割について説明していきます。

 

ベースの音楽内での役割

f:id:JANCK87776278:20210106225553j:plain

 

 ベースの役割は主に4つあります。

 

  • 低音域を支える
  • リズムを作る
  • ベース音を鳴らす
  • メロディーを作る

 

それでは1つずついいかんじに説明していきます。

 

低音域を支える

皆さんご存じの通りベースはひっくい低い音をだします。その低い音でベースは低音域を支える大事な役割を担います。

 

リズムを作る

ベースもドラムと同様にリズムを作る役割をします。

 

ベース音を鳴らす

コードという複数の音を同時に鳴らすものがあるのですが、ベースはそのコードの要になるベース音を担当することが多くあります。

 

簡単にいうと大事な音を鳴らしているということですね(笑)

 

メロディーを作る

ベースは主に影の立役者のような立場で音楽を支えます。ですが、時折表に出てきてメロディーを作る役割も担います。

 

まとめ

このようにベースはあまり目立つ場面はないかもしれません。しかし、確実に音楽に必要な重要な役割を担っています。

 

これってめっちゃかっこよくないですか?(笑)

 

しかもメロディーもつくれるってさいこーかよ!!!めっちゃ弾きたいじゃん!!

 

これを見たあなたもベースに興味を持ったのではないでしょうか?いや、どうだろう?

 

わからん!!!(笑)

 

そもそもめっちゃ簡単に説明したからなー。もし、もっと深く知りたくなった方がいましたら各々で調べてもらって(笑)

 

あ、あと最近ベースの動画をよくYoutubeで見るのですが、そのなかでFami。さんという方を見つけてずっと見ています。

 

なんせかっこいい!!めちゃくちゃかっこいい!!これにつきる!

 

www.youtube.com

 

こちらがFami。さんのチャンネルです。気になる方はぜひ見てみてください。

 

それでは今回は以上になります。最後まで見ていただきありがとうございました。

HTMLファイルの作り方

こんにちはJanckです。

 

今回から最近勉強し始めたプログラミングについて書いていこうと思います。

 

完全初心者なのでもしかしたら、もしかしたら、、、いや、ほぼほぼ間違いの可能性があるのでご理解のほどお願いします(笑)

 

では、記念すべき1記事目は

 

ダラララララララララララララ (太鼓の音)

 

ダン!!!

 

HTMLファイルの作り方!!!!

 

ということで初歩の初歩、HTMLファイルの作り方を紹介していきます。

 

それではいってみましょう!!

 

 

HTMLファイルとは

そもそもHTMLファイルとはなんじゃごら!あ!?

という人もいるでしょう!

 

そんな世間知らずのあなた!あなたに説明しましょう。

 

HTMLファイルとはHTMLを書いていくファイルのことを言います

 

このファイルにHTMLを書かないとブラウザーに表示されません。

 

要するにHTMLは絶対にHTMLファイルに書かなければなりません

 

まぁ、HTMLファイルという言葉の通りですね。

 

HTMLファイルの作り方

それではHTMLファイルの作り方を説明していきます。

 

1 まず、テキストエディタ―を開きます

f:id:JANCK87776278:20210104050727p:plain

 

2 次にファイルを押します

f:id:JANCK87776278:20210104050926j:plain

 

3 新規ファイルを押します

f:id:JANCK87776278:20210104051353j:plain

 

4 新規ファイルが開いたらまたファイルを押します

f:id:JANCK87776278:20210104051835j:plain

 

5 保存を押します

f:id:JANCK87776278:20210104052057j:plain

 

6 ファイルの名前を「.html」にする。~のところには好きな文字を入れてください。

 

基本的には一番最初に表示させるページを「index.html」にします。

f:id:JANCK87776278:20210104053306j:plain

 ただし!!

 

HTMLファイルの名前にはいくつかルールがあります。

  • 最後に .htmlをつける
  • 半角英数字のみ使用できる
  • 当然、日本語は使えない
  • \」、「:」、「,(カンマ)」、「;」、「"」、「<」、「>」、「|(パイプライン」)」、「」などは使えない
  • 空白は使えない
  • 基本的にはすべて小文字にする

 

7 このマークが出たらOKです。

f:id:JANCK87776278:20210104055738j:plain

 

8 後は好きなように書き殴ってください

 

最後に

 今回は初歩の初歩であるHTMLファイルの作り方について書いてみました。

 

どのくらい初歩なのかというと、初歩すぎて逆に書いている人いないんじゃないかと思うほどの初歩です。

 

ですが僕自身よくやりかたを忘れるのでメモの代わりもかねて僕のようなどうしようもない奴の為にブログにでもするかこのやろうと思いブログにしました。

 

また気が向いたら書きます。

 

バーーイ